スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年おめでとうございます

久しぶりにブログを書こう!と意気込んでみたはいいものの、全く書き方を忘れてしまっており、さっぱり筆が進まないのであります。



「ネルゲル様!そんな!お目覚めください!ネルゲル様ァ~!」

闇の瘴気が渦巻き、禍々しくも何処か荘厳な威容を誇る、ここは死と恐怖を司りし冥王ネルゲルの居城『冥王の心臓』。城内では魔の眷属、アークデーモンの悲痛な叫びが響き渡っていた。

「嗚呼早く!お目覚め下さいネルゲル様!」

「んん……後生だ……あと5分……」

愛用の棺桶ベッドの中でムニャムニャと枕に顔を埋める冥王ネルゲル。時刻は既に朝8時。そう、現世と隔絶された次元に存在するこの場所に於いても、新たな年明けを迎えていたのだ。

「何をおっしゃいますネルゲル様!既にそう言い始めてから、かれこれもう2時間が経っているのですぞ!」

「な、なんだと……!?しかし、これはどうしたことだ……身体が……動かぬ……頭が、頭痛が、痛い……」

何故このような朝寝坊を?無理もない。例えいつも毅然と厳粛な振る舞いを徹底している冥界の王と言えど、年の瀬ともなると気分が高揚し、つい夜更かしもしたくなるというものだ。

年越しそばをすすりながら紅白歌合戦を楽しく見終え、結果床についたのが25時。普段21時には歯磨きを済ませ眠ることを鑑みたら、目を覆いたくなるような夜更かしである……!加えて酒も入っていたとあれば、朝6時に起きるなんてことは到底不可能、容易に想像できた未来……!

「しっかりなされよネルゲル様!この後大魔王マデサゴーラ殿に新年のご挨拶に伺わねばなりません!朝9時には着く予定だと、もう連絡してあるのですぞ!嗚呼、あと1時間しかない……!ここからソーラリア渓谷まで、どれだけ飛ばしても30分は掛かる……!」

「ちょっと道路が混んでいたことにすれば、あるいは……」

「いいからネルゲル様!早くお召し物を……嗚呼!なんてことだ、こんな……こんなに寝癖が!」

ALAS!何ということだろうか!歌合戦を見終えた後、風呂に入るも飲んだ酒が回ってしまった冥王は、髪を乾かす力さえも失いそのまま床についた……故にこの有り様である!これを治すとなるともう一度頭を洗い直さなければならない……なんたる大幅なタイムロス!

「この冥王、一生の不覚……」

「はやく洗面所へ!取り返しのつかないことになりますぞ!」

ふらついた足取りの冥王を洗面所へ送り出すと、アークデーモンは手際良く布団を纏め抱えてベランダへと向かった。新年一発目の爽やかな瘴気をいっぱいに浴びせることは、冥王の豊かな睡眠環境保全のために何よりもプライオリティの高い事項だ。

「ぐわぁァァああああっ!!」

突如、凄まじい悲鳴が上がった。どこから!?洗面所からである!

「ネ、ネルゲル様!?どうなされた!?」

慌ててアークデーモンが洗面所へ突入すると、そこには項垂れ肩を震わす冥王の姿があった。

「もうダメだ……私は……私はもう、おしまいだ……」

「ウッ、こ、これは……!」

思わずアークデーモンも言葉を失った。冥王の秀麗な鼻梁と上唇の間にぷっくりと浮かぶそれは尋常性痤瘡、所謂『吹き出物』である……!

正に夜更かしが仇となった形だ。保湿クリームに顔パック……これまでいつ如何なる時も、常に肌トラブルを起こさぬ様努めてきた冥王の絶望たるや、如何程か。新年早々にこの仕打ち、一体彼が何をしたというのか!神はいないのか!?

「ネルゲル様……心中お察し致します。しかしながら、不肖私アークデーモン、心を鬼にして言いましょう。これは、自業自得っ!いいですかネルゲル様!ネルゲル様の不徳が、この様な事態を招いたのです!」

「う、うおお……うおおおお……」

正論は時として刃となる。傷口に塩をまぶしワサビで塞ぐかのようなこの所業、アークデーモンよ、忠義を捨てたか!?否!そこに愛があるからこその叱責である!彼もまた辛いのだ!血の涙を流しながら、アークデーモンは続ける!

「失敗は誰にでもあります。その失敗をどう活かすかです。確かにネルゲル様は今回羽目を外し、寝癖で頭は爆発、ニキビを拵えてしまいました。冥界の王が惨憺たる有様……恥ずべきことです。しかし!これを糧とし、より高く!成長していくことができるのならば!この失敗も決して無駄ではない……」

「アークデーモン……」

「今年は酉年。ネルゲル様、飛翔の一年になることを、私は信じておりますよ……」

「すまないアークデーモン、ありがとう……私は、冥王として、そしてお前の主として、もっともっと成長していくことを、誓おう……!」

「立派ですぞ、ネルゲル様……!さあ、もう時間がない、急ぎましょう!」

「ああ、行くぞ!マデサゴーラの元へ!お年玉を貰いに!」

おわり。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

ネルゲル様〜!
すごい普段の生活が規則正しいのね

▼ちぇるしーさん

すごい神経質そうですよね彼。電車でつり革とか雑菌が気になって持てないと思う。

>ネルゲル様〜!
>すごい普段の生活が規則正しいのね
RecentEntry
Comment
Category
EntryArchives
Favorite
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。