幸運死から友を守る


七夕。当ブログでは過去二回に亘り、銀河界のスピードスター・彦星の抱えるプロブレムを解消すべく尽力してきました。

七夕アルティマニア前編後編
男の土下座を見守ろう

もう、いいだろう……?そろそろ、自分の願いをしたためても、バチは当たらないだろう……?おれにだって、叶えたい願いがある。実らせたい想いがある!





気付けば私は呪詛を書き殴っていた。どうせおれには当たらねーんだから、この際誰も当たらなければいい。そんな醜い嫉妬心の発露なのか……?いや、そうではない!皆の命を守りたい、ただそれだけを願う気持ちの顕現なのです。宝くじのはずれを願うことが何故命を守ることに繋がるのか、まずは聞いてほしい。

持論ですが、『運』というのは人それぞれ容量の異なる器のような物だと思っています。便宜上『運コップ』とでも呼びましょうか。例えば竜おまをドロップするのが200運ポイントだとして、そのためには運コップの空きが最低でも200運ポイント分必要だ、ということです。逆に不幸なことが起こると、その分運ポイントが減ります。

上述したように、運コップのキャパシティは人それぞれ異なっていて、100万運ポイント入る程の大容量の方もいれば、1000運ポイントしか入らない方もいます。そして、万が一そのキャパシティを超える運ポイントをゲットしてしまった場合、強制的に差分の運ポイントを減らすための不幸イベントが発生します。九蓮宝燈を和了ったら死ぬ、というのはつまりそういう事です。今から10年くらい前、地元商店街の抽選で1等を引き当てた3日後、肺気胸を患い入院した者がいました。私のことです。私の運コップは、商店街抽選一等当選の質量に耐えきれなかったのだ。




さて、皆さんも例外なく買われたことかと存じ上げますが、アストルティアジャンボ宝くじの当選番号が来月頭、つまり明日に発表になります。一等なんと6億ゴールド。200万ゴールド以上を手にしたことがない私からしたら正に法外、未曾有の大金。これが当たる人というのは言うまでもなくもうトンでもない幸運。その瞬間、神の寵愛を一身に受けていると言っても過言ではない。

これを先述した運ポイントに換算するとしたら、どうでしょう。まあ軽く見積もって77万運ポイントは下らないと思われます。これが如何に大変なことか。77万運ポイントを受け止められる程の運コップを持つ者は世界全土見渡しても一握り、大半の人間は持て余し、溢れ返らせることになります。その反動たるや想像に難くありません。恐らく人が死にます。アストルティアジャンボ宝くじとは、夢を売っているように見せてその実、無差別に人を殺す慈悲無きロシアンルーレットだったのだ!

この凶弾に気付かず、まんまと宝くじを買ってしまった者を蒙昧だと責めるのは些か酷でしょう。勿論私も買いました。圧倒的な輝きを前にして、人はなかなか冷静ではいられないということです。気付けばルビコンの対岸へ渡っていた、そんな悲しくも愚かな子羊たちを救うための冒頭の願い。誰も当たらなければ、誰も死なずに済む。そういうロジックです。ご理解頂けたでしょうか。

そして今、我々に出来ることとは。100万分の1の確率で襲い来る死の恐怖にただ怯えて過ごすことのみなのか。───否。まだ救いの道がある。天命に身を委ねて良いのは人事を尽くした者のみよ。足掻いた末に紡ぎだした一筋の光明、それが以下に紹介する『糾える縄メソッド』です。

禍福は糾える縄の如し───そんな諺をご存知の方もみえましょう。良いこと/悪いことは、あたかも寄り合わせた縄のように交互にやって来るものである、という意味で、逆に言えば良いことも悪いことも、早々連続して起こることではない、ということ。つまり、事前にラッキーな事をツモっておくことで、その後の6億が当選する確率=死ぬ確率を減らす、それが糾える縄メソッドの要点。


今、私の手元に10万ゴールドが御座います。試練や討伐をちょっとやれば手に入る額ではありますが、それらを殆どしない私にとっては掛け値なし、虎の子の全財産。これを親愛なるフレンド一名にALL-INしたい。幾重にも亘る厳正な抽選の結果選ばれた、たった一人のフレンドに贈られる10万ゴールド。確かに6億ゴールドからしたら塵芥のような数字だけれど、何の労苦もなく手に入るとしたら、それって、かなりラッキーなのでは?そして思い出してほしい、糾える縄メソッドのことを。ラッキーはそうそう続かない、即ち、これが当たった人に6億はまず当たらない。私が10万ゴールドを擲つことによって、フレンドを一人、6億ゴールドと言う名の突然死から救うことができる。望外の喜びであると云う外ない。

早速抽選に入りましょう。フレンド欄上から順にコイントスをし、表だったら残留、裏だったら落選。これを繰り返して篩にかけるという戦いが始まります。延べ3時間強、2日間かけて私はひたすらコインを投げました。しぐさ一覧を呼び出し、コイントスのしぐさを選択。出た結果をexcelにパンチする。ひたすらこれの繰り返し。この孤独なレースの一部始終をつぶさにログとして残したいところでしたが、費用対効果が薄いため、断腸の思いで割愛します。

私のフレンド延べ125名、7週を終えた時点で残り5名となりました。これはおかしい。2^7で既に1/128の領域にもかかわらず未だ5名が残留している。因果律の歪み、ラプラスの悪戯……。そのまま8週目も決着は付かず、そして9週目。ついに穿たれるピリオド。果たして、頂点に輝いたのは───!



ダルちゃん!!!

なにこのフリーコメント?小林製薬の回し者、ダルちゃんことダルシムさんが見事マストラッキーフレンドの栄光を手に入れました!おめでとう!驚くことに9週すべて表をツモるという紛うことなき豪運の持ち主。これもヨガの成せる業なのか。


ダルシムさんにはこの私の美しい脇写真と共に10万ゴールドを贈呈させていただきました!そして何より、これで万が一にも6億ゴールドが当たってその運の重さに耐えきれず急逝するという未来が訪れることはない!ヤッター!私のサクリファイス精神が一人の友の命を救ったのだ。

そしてこれだけの善行をした私。報われなければ嘘だ。分かり易いカタチで報われるべきだ。つまり6億だ。6億はおれのものだー!

発表は明日。

おわり。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

そういえば最近ぺけさん寝込んでいたような・・・
運コップの前払いは完了していますね!

▼モモさん

さては貴女ツイッターをはじめましたね!?
いまだに本調子じゃないです。三十代の治癒力よ・・・

> そういえば最近ぺけさん寝込んでいたような・・・
> 運コップの前払いは完了していますね!
RecentEntry
Comment
Category
EntryArchives
Ranking
Search